Camellia属の特性調査(17)

Camellia属の特性調査(17)

課題番号1992001499
研究機関名野菜・茶業試験場(野菜茶試)
研究期間完S62〜H03
年度1992
研究問題遺伝資源の利用と育種
大課題遺伝資源の導入・利用
中課題遺伝資源の導入と評価技術の開発
小課題Camellia属の特性調査(17)
摘要農林水産省ジーンバンク事業の一環として,62年12月よりCamellia属植物について導入及び評価を行った.研究期間中にヤブツバキ,ツバキ園芸品種を中心に約800点に上る遺伝資源を導入し,そのうち約200点については一次特性調査を終了した.更にその一部については染色体数,自家不和合性,花粉稔性,輪斑病抵抗性,挿し木発根性等の二次,三次特性を調査し,Camellia属植物における育種のための基礎的な資料を得た.以上のような成果が得られたことから,本課題は完了とする.得られた成果についてはジーンバンクに報告したほか,園芸学会及び久留米支場研究年報に公表した.
研究分担久留米・緑化植物研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030032766
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat