イチゴ遺伝資源の低温培養による長期保存技術(22)

イチゴ遺伝資源の低温培養による長期保存技術(22)

課題番号1992001504
研究機関名野菜・茶業試験場(野菜茶試)
研究期間継H03〜H05
年度1992
研究問題遺伝資源の利用と育種
大課題遺伝資源の導入・利用
中課題遺伝資源の保存と利用技術の開発
小課題イチゴ遺伝資源の低温培養による長期保存技術(22)
摘要栽培イチゴの茎頂培養による氷温(−2℃)貯蔵開始116日目の調査では,1500LX程度の明条件は暗黒条件と比較して草丈・葉数の両面に生育抑制効果が認められたが,試験開始間もないため長期間にわたる継続調査が必要である。また25℃・明条件下での茎頂培養における,二酸化炭素及び窒素ガスの高濃度処理は茎部の徒長と分化苗条の叢生を招くことから,長期保存には不適と考えられた。
研究分担久留米・育種2研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030032771
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat