チャ遺伝資源の維持・利用のための効率的増殖技術の開発

チャ遺伝資源の維持・利用のための効率的増殖技術の開発

課題番号1992001514
研究機関名野菜・茶業試験場(野菜茶試)
研究期間新H04〜H06
年度1992
研究問題遺伝資源の利用と育種
大課題遺伝資源の導入・利用
中課題遺伝資源の保存と利用技術の開発
小課題チャ遺伝資源の維持・利用のための効率的増殖技術の開発
摘要現在保存中の遺伝資源の多くは樹齢の進行ともに樹勢が低下しつつあり、早急に個体の更新が必要となっている。しかしながら、樹勢の低下のため増殖に必要な挿し穂の採取がすでに困難となっている。このため、本研究では通常の新芽を含めた種々の器官、組織を用いた効率的な増殖技術および生育促進技術の開発、確立を行う。4年度はいくつかの器官・部位を用いて、発根性、発芽性を検討する。
研究分担久留米・育種素材研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030032781
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat