野菜の育種における組織・細胞培養の利用(42)

野菜の育種における組織・細胞培養の利用(42)

課題番号1992001526
研究機関名野菜・茶業試験場(野菜茶試)
研究期間継S51〜H05
年度1992
研究問題遺伝資源の利用と育種
大課題育種方法及び育種素材の開発
中課題組織・細胞培養等による育種技術の開発
小課題野菜の育種における組織・細胞培養の利用(42)
摘要アブラナ科野菜の形質転換は難しく,日本での成功例はまだ少なく,技術的に確立しているとはいえない.ここではアグロバクテリウム ツメファシエンス,EHA101,LBA4404,及びMP90株を用い,カイラン,ブロッコリー等の花茎を外植片として形質転換を試みた.これらの外植片はアグロバクテリウムを接種することにより切口が著しく褐変し,再分化はきわめて稀にしか認められなかった.また再分化植物体のベーターグルクロニダーゼ活性を調べたが,陽性の植物体は全く見いだせなかった.
研究分担野菜育種・育種1研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030032793
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat