チャにおける早期結実性の遺伝様式の解明(71)

チャにおける早期結実性の遺伝様式の解明(71)

課題番号1992001553
研究機関名野菜・茶業試験場(野菜茶試)
研究期間継H02〜H05
年度1992
研究問題遺伝資源の利用と育種
大課題育種方法及び育種素材の開発
中課題育種の効率化技術の開発
小課題チャにおける早期結実性の遺伝様式の解明(71)
摘要実生1年生茶樹の生育と着蕾状況を調査した結果,着蕾は葉の大きさ,形態とはほとんど関係が認められなかったが,初期の生育量が大きいものほど着蕾しやすい傾向が認められた。生育調節剤に対する実生1年生茶樹の反応では,播種後6カ月の7月に生育調節剤を処理した場合,40%の着蕾率であったが,8月の処理では93%と急激に高くなった。このことから実生1年生茶樹では播種後7カ月頃から急激に幼若期間を脱し,花芽分化能力を高めることが推定された。
研究分担久留米・茶樹育種研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030032820
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat