茶樹種苗の大量増殖技術の開発(87)

茶樹種苗の大量増殖技術の開発(87)

課題番号1992001560
研究機関名野菜・茶業試験場(野菜茶試)
研究期間継S63〜H04
年度1992
研究問題遺伝資源の利用と育種
大課題種苗の大量増殖技術の開発
中課題組織・細胞培養による大量増殖技術の開発
小課題茶樹種苗の大量増殖技術の開発(87)
摘要‘やぶきた’の若い葉柄の切片及び茎表皮より誘導したカルスを1/2のMS培地で2か月間、培養した結果、増殖性は葉柄切片が優れていた。カルス形成については中国系品種においては比較的速やかに行われたが、日本系品種の一部に極めて緩慢な品種が認められた。カルスの増殖効率の向上には高い糖濃度(120g/l)が比較的有効であった。
研究分担茶栽培・育種研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030032827
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat