キュウリの省力栽培適応性品種の育成

キュウリの省力栽培適応性品種の育成

課題番号1992001566
研究機関名野菜・茶業試験場(野菜茶試)
研究期間新H04〜H08
年度1992
研究問題遺伝資源の利用と育種
大課題野菜品種の育成
中課題作型適応性育種,省力・機械化栽培適応性育種
小課題キュウリの省力栽培適応性品種の育成
摘要当研究室では先に小葉品種の‘中間母本農3号(盛岡1号)’を発表した.キュウリの葉の小型化は群落内での通気性や採光性が向上するだけでなく,整枝・誘引作業や薬剤散布の省力化にも寄与するところが大きい.しかし,本品種は果実外観や節成性が劣るなどの欠点を持っている.そこで,小葉の性質を残したままで果実形質や節成性を向上させた省力栽培適応性品種の育成を図ろうとする.また,省力化に対応した短節間,短側枝,果実の刺なしなどの形質についても選抜を試みる.
研究分担盛岡・育種1研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030032833
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat