ハクサイの晩抽性育種(92)

ハクサイの晩抽性育種(92)

課題番号1992001567
研究機関名野菜・茶業試験場(野菜茶試)
研究期間継S60〜H06
年度1992
研究問題遺伝資源の利用と育種
大課題野菜品種の育成
中課題作型適応性育種,省力・機械化栽培適応性育種
小課題ハクサイの晩抽性育種(92)
摘要ハクサイの晩抽性・根こぶ病抵抗性の素材を用いた後代について,春播きによる晩抽性の検定を行った.その結果,育成中の系統は小型・早生で目的とする極晩抽性を備えていたので,有望個体を選抜して採種した.別途長日要求性・低温不感受性の晩抽性ツケナ選抜系統‘FNC31・63’については,苗齢による低温感受性の変化と日長に対する反応の変化に関する試験を実施した.その結果,本系統は苗齢にかかわらず低温不感受性を示すこと,日長が短くなると抽苔が抑制され,長くなると促進されることが明らかとなった.‘FNC31・63’とハクサイの雑種後代について,秋播き無加温越冬による抽苔性の検定を行った結果,F3において5月初旬まで開花しない極晩抽性個体が得られた.
研究分担野菜育種・育種4研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030032834
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat