ピーマンの土壌病害抵抗性育種

ピーマンの土壌病害抵抗性育種

課題番号1992001580
研究機関名野菜・茶業試験場(野菜茶試)
研究期間新H04〜H14
年度1992
研究問題遺伝資源の利用と育種
大課題野菜品種の育成
中課題病虫害抵抗性育種
小課題ピーマンの土壌病害抵抗性育種
摘要ピーマンの重要病害としてはTMV、CMV、疫病、斑点細菌病、青枯病等がある。この中で疫病と青枯病は土壌伝染性の病害で、一旦発生すると効果的な薬剤がなく、被害が著しい。疫病については抵抗性育種が進められ、抵抗性品種が育成されているが抵抗性は不十分である。青枯病については抵抗性育種は全く進展しておらず、辛味のあるトウガラシに2〜3の抵抗性素材が見つかっている程度である。本研究では、青枯病と疫病について抵抗性素材及び抵抗性の効果的な検定方法を明らかにしながら抵抗性育種を進め、抵抗性系統を育成する。最終的には2病害に対する複合抵抗性の系統を育成する。4年度は、多数品種・系統の青枯病抵抗性検定を行う。
研究分担野菜育種・育種3研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030032847
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat