メロンの生食適性要素の解明

メロンの生食適性要素の解明

課題番号1992001589
研究機関名野菜・茶業試験場(野菜茶試)
研究期間新H04〜H06
年度1992
研究問題遺伝資源の利用と育種
大課題野菜品種の育成
中課題品質・流通加工適性育種
小課題メロンの生食適性要素の解明
摘要メロンは消費生活の高級化・多様化のなかで消費量が増加するとともに,ネット系以外の多様なタイプのメロンが消費されるようになってきている.なかでも近年脚光を浴びてきている赤肉系メロンは欧米では一般的であるが,特有のカロチン臭や日持ちが悪いなどの理由でわが国では馴染みが薄かったものであり,現在の赤肉系主力品種でも同様の問題が散見される.そこで,赤肉系メロンの食味関連特性・生食適性要素を解明して緑肉系メロンとの差異を明らかにして市場動向に対処する.また,将来のメロン品種が備えるべき特性も明らかにして育種の基礎資料とする.4年度は赤肉系と緑肉系メロンの糖組成及び果肉の物理性の差異を明らかにする.
研究分担久留米・育種1研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030032856
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat