スイカの耐裂果性形質の簡易選抜システムの開発(117)

スイカの耐裂果性形質の簡易選抜システムの開発(117)

課題番号1992001591
研究機関名野菜・茶業試験場(野菜茶試)
研究期間継H02〜H06
年度1992
研究問題遺伝資源の利用と育種
大課題野菜品種の育成
中課題品質・流通加工適性育種
小課題スイカの耐裂果性形質の簡易選抜システムの開発(117)
摘要スイカの耐裂果性関連形質の解析試験を行った結果,品種間の果実切断時の裂果程度は切断面から派生する数,裂けた長さとの間に比較的高い正の相関,果皮貫入抵抗値との間に比較的高い負の相関を示した.また,これらの解析から,裂果しにくい標準品種として小玉型では嘉宝,大玉型ではシュガーベビーを,裂果しやすい標準品種として小玉型ではニューこだま,大玉型では早生日章を選定した.
研究分担久留米・育種1研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030032858
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat