高品質・低コスト生産適性品種・系統の選定(122)

高品質・低コスト生産適性品種・系統の選定(122)

課題番号1992001597
研究機関名野菜・茶業試験場(野菜茶試)
研究期間継H02〜H05
年度1992
研究問題遺伝資源の利用と育種
大課題野菜品種の育成
中課題品質・流通加工適性育種
小課題高品質・低コスト生産適性品種・系統の選定(122)
摘要ジュース向け省力適性品種の選定を目標に,59品種・系統を供試し,離層の有無,果実の圃場貯蔵性など省力収穫適性を中心に特性を調査した.その結果,一挙収穫に適するものとして‘ふりこま,盛岡22号,なつのこま’など数系統を,また手取り収穫に適するものとして‘C−37,M19/SU−27,M19/SU−51’など数系統を選定した.また,2年度に採種したF1組合せ64系統を供試し,その実用性を検討した.その結果,早生性では標準品種の‘カゴメ77’に劣るものの,コンパクト性,収量性,果実品質,省力適性で優れるものが多く認められた.さらに,新たな組合せの交雑を行い,4年度検定用のF1種子を得た.
研究分担盛岡・育種1研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030032864
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat