ツツジ高品質品種の育成(126)

ツツジ高品質品種の育成(126)

課題番号1992001603
研究機関名野菜・茶業試験場(野菜茶試)
研究期間継S61〜H04
年度1992
研究問題遺伝資源の利用と育種
大課題花き品種の育成
中課題高生産性高品質花き品種の育種
小課題ツツジ高品質品種の育成(126)
摘要鉢用ツツジ育成系統「久留米54号」の加温促成栽培時における花弁ボトリチスの発生について調査した。花弁のボトリチス発生は10%以下で、病斑は小さく、ベンレ−トまたはマンネブダイセンの散布によってほぼ完全に防除できた。蕾、開花蕾に発生する薄い褐色の斑点は光、水管理による生理障害と判断された。鉢用ツツジとして有望な「久留米54号」は促成栽培で大きな問題となる花弁ボトリチスの発生は少なく、実用性が大であることが確認された。
研究分担久留米・花き研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030032870
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat