高温下生産力簡易検定法の開発−バラ(130)

高温下生産力簡易検定法の開発−バラ(130)

課題番号1992001608
研究機関名野菜・茶業試験場(野菜茶試)
研究期間完H02〜H03
年度1992
研究問題遺伝資源の利用と育種
大課題花き品種の育成
中課題病虫害抵抗性・不良環境耐性育種
小課題高温下生産力簡易検定法の開発−バラ(130)
摘要バラにおいて高温期に問題となる短花茎、ブルヘッド、ベントネックの発生の少ない品種をスクリ−ニングするため、それらの発生程度を指標とする簡易検定法を開発する。短花茎とブルヘッドの発生程度による検定法について検討し、高温期における枝の伸長程度は品種により異なったが、伸長程度と生育速度・開花所要日数との間には関係はみられなかった。しかし、ブルヘッドの発生はなく、生育速度との関係は明らかにできなかった。また、ベントネックの発生には品種間差があり、その発生程度は花の吸水量と関係のあることがうかがわれ、吸水量の測定が検定法として有効であることが示唆された。
研究分担花き・緑化植物研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030032875
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat