高温下生産力簡易検定法の開発−ラン類(131)

高温下生産力簡易検定法の開発−ラン類(131)

課題番号1992001609
研究機関名野菜・茶業試験場(野菜茶試)
研究期間完H02〜H03
年度1992
研究問題遺伝資源の利用と育種
大課題花き品種の育成
中課題病虫害抵抗性・不良環境耐性育種
小課題高温下生産力簡易検定法の開発−ラン類(131)
摘要デンドロビウムでは萌芽時期が早い品種ほど花芽分化時期が早い傾向が認められ、両者の間にr=0.590の相関があった。なおこのうち、リードバルブに着花する品種ではr=0.729という高い相関があったが、バックバルブに着花する品種ではr=0.359の低い相関しか認められなかった。従って、高温条件下における萌芽時期による花芽分化の早晩の簡易検定は、リード咲き品種でのみ可能であることが明らかになった。なお一部の品種では止め葉の発生が遅れると萌芽が影響を受けるので、止め葉の発生を早めるために、冬季高温で管理する必要性が示された。
研究分担花き・流通技術研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030032876
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat