野菜の種類及び環境条件と光合成・呼吸作用(147)

野菜の種類及び環境条件と光合成・呼吸作用(147)

課題番号1992001622
研究機関名野菜・茶業試験場(野菜茶試)
研究期間完S58〜H03
年度1992
研究問題生理生態特性の解明とその制御技術の開発
大課題物質代謝機構の解明と制御技術の開発
中課題物質生産機能向上のための代謝機能の解明
小課題野菜の種類及び環境条件と光合成・呼吸作用(147)
摘要中国野菜、四季成イチゴ品種及びトマト培養苗等、各種野菜の光合成特性を明らかにした。また、トマト及びキュウリを用いて、空気湿度と光合成、呼吸作用との関係を明らかにした。さらに、アスパラガスの光合成速度が萌芽1〜2カ月後に最大に達っし、その最大値が大きいほど光飽和点は高く、適温は20〜30℃であり、生育期間が高温であるほど光合成の適温も高いことを明らかにした。得られた各種野菜の光合成特性は過去の文献と異なるものもあり、今後その整理が必要である。
研究分担生理生態・代謝生理研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030032889
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat