生理機能からみた茶樹の施肥反応性の解析(157)

生理機能からみた茶樹の施肥反応性の解析(157)

課題番号1992001634
研究機関名野菜・茶業試験場(野菜茶試)
研究期間継H03〜H05
年度1992
研究問題生理生態特性の解明とその制御技術の開発
大課題物質代謝機構の解明と制御技術の開発
中課題物質生産機能向上のための代謝機能の解明
小課題生理機能からみた茶樹の施肥反応性の解析(157)
摘要生理機能を基準にした茶樹の施肥反応性を解析し、物質生産的にみた最適な窒素施肥量を明らかにする目的で、6段階に窒素施肥レベルを変えたポット試験を行った。成木園への施肥基準を幼木に適用したところ、基準濃度が高過ぎて成木園標準区においても、葉の褐変化や落葉などの著しい塩類障害を引き起こし、当初予定していた葉の光合成活性や根の呼吸活性の調査はできなかった。根部は外観上比較的健全であったが、呼吸活性は低かった。これとは別に四要素試験圃場において調査したところ、N多量区(N:120kg/10a)は標準区(N:40kg/10a)に比べて、葉の全N%はやや高かったが、光合成・呼吸活性に差はなかった。
研究分担茶栽培・栽培生理研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030032901
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat