気象環境条件による障害発生機構の解明と防止技術の開発(169)

気象環境条件による障害発生機構の解明と防止技術の開発(169)

課題番号1992001642
研究機関名野菜・茶業試験場(野菜茶試)
研究期間継S62〜H07
年度1992
研究問題生理生態特性の解明とその制御技術の開発
大課題物質代謝機構の解明と制御技術の開発
中課題生理障害発生機構の解明と防止技術の開発
小課題気象環境条件による障害発生機構の解明と防止技術の開発(169)
摘要低温耐性の付与に効果のある接ぎ木を効率化するために、既に下胚軸平接ぎ法を開発し、トマトでは高い活着率が得られたが、キュウリでは低かった。そこで、接ぎ木部の維管束発達過程を観察した。下胚軸の維管束数は、キュウリでは「南極2号」、「聖護院青長節成」及び「相模半白」が6本,カボチャではC. moschataに属する「金剛」と「雲竜1号」が6本、C. maximaに属する「だいろく」が10〜12本,両種の雑種の「ジャスト」が約10〜12本と異なった。「南極2号」と「金剛」の下胚軸平接ぎでは、接ぎ木3日後には穂と台の一部の維管束が連絡し,6日後にはその数が増え、9日後にはその太さが増し、12日後には接合面近傍で隣の維管束と連絡した。22日後にはその太さが顕著に増大した。
研究分担生理生態・ストレス研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030032909
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat