根圏環境制御による夏秋野菜根群の生育,機能改善(183)

根圏環境制御による夏秋野菜根群の生育,機能改善(183)

課題番号1992001646
研究機関名野菜・茶業試験場(野菜茶試)
研究期間継S63〜H05
年度1992
研究問題生理生態特性の解明とその制御技術の開発
大課題物質代謝機構の解明と制御技術の開発
中課題生理障害発生機構の解明と防止技術の開発
小課題根圏環境制御による夏秋野菜根群の生育,機能改善(183)
摘要地下部温度が葉茎菜類の生育と無機養分含量に及ぼす影響を検討するため、液温を17、22、28℃に制御してホウレンソウを養液栽培したところ、生育量は22℃区で最も大きく、次いで28℃区、17℃区の順に劣った。単位乾物重当たりカルシウム、マグネシウム及びリンの含量は28℃区で最も低く、カリウム含量は逆に最も高く、地下部温度が養分吸収に影響を及ぼしていた。更に、28℃区の根部は褐色を、培養液も黄色を呈しており、高温反応との関係で興味深い結果が得られた。
研究分担久留米・栽培生理研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030032913
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat