茶樹の季節的窒素吸収と一次および二次分配

茶樹の季節的窒素吸収と一次および二次分配

課題番号1992001648
研究機関名野菜・茶業試験場(野菜茶試)
研究期間新H04〜H06
年度1992
研究問題生理生態特性の解明とその制御技術の開発
大課題物質代謝機構の解明と制御技術の開発
中課題品質関与成分の生成・代謝機能の解明
小課題茶樹の季節的窒素吸収と一次および二次分配
摘要近年、施肥窒素の利用効率向上や地下水汚染負荷軽減をめざした、従来よりきめ細かな分施、あるいは超緩効性肥料の利用などが行われ始めた。しかしこれらの新しい施肥法は、慣行施肥法の根拠となっている茶樹の窒素要求性についての経験的知見とは対立するものであり、改めて茶樹の窒素吸収特性、体内利用特性についての基礎的知見が求められている。そこで15Nの利用や木部樹液の分析などにより、茶樹の窒素要求特性を解明する。4年度は、水耕幼茶樹を用いて、窒素吸収活性の季節変動、吸収された窒素の一次分配、その後の再利用過程を調査し、新芽の生長や品質に対する生育各時期に吸収された窒素の貢献度を明らかにする。
研究分担茶栽培・栽培生理研土壌肥料研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030032915
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat