高温下におけるキク,カーネーション,バラの生育特性の解明−キク(204)

高温下におけるキク,カーネーション,バラの生育特性の解明−キク(204)

課題番号1992001663
研究機関名野菜・茶業試験場(野菜茶試)
研究期間完H02〜H03
年度1992
研究問題生理生態特性の解明とその制御技術の開発
大課題生育相の解明と制御技術の開発
中課題開花生理の解明と制御技術の開発
小課題高温下におけるキク,カーネーション,バラの生育特性の解明−キク(204)
摘要高温下におけるきくの生育特性を物質生産、生長・発育の両面より解析した。高温下で開花遅延しにくい夏秋ギク型品種と開花遅延する秋ギク型品種の間には、光合成速度は夏秋ギク型品種の方がやや高いものの、日乾物生産量、花芽の初期分化速度に大きな差は認められなかった。花色がピンク系の品種は高温下で花色の発現が不良となるが、その程度は、夏秋ギク型品種、秋ギク型品種ともほぼ同程度であった。秋ギク型スプレ−ギクは高温に遭遇した時の生育ステ−ジにより、高温の影響を強く受ける形質が異なった。以上のことから、キクでは、高温の影響は栄養生長よりも生殖生長に、より強く現われると結論される。
研究分担花き・育種研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030032930
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat