種子形成・発芽過程の生理的制御(209)

種子形成・発芽過程の生理的制御(209)

課題番号1992001669
研究機関名野菜・茶業試験場(野菜茶試)
研究期間継H01〜H06
年度1992
研究問題生理生態特性の解明とその制御技術の開発
大課題生育相の解明と制御技術の開発
中課題生殖・種子生理の解明と制御技術の開発
小課題種子形成・発芽過程の生理的制御(209)
摘要植物の種子形成・果実発育等の生殖活動における植物ホルモンの生理的役割を明らかにするために、トマト’まごごろ’をモデル植物として果実形成における内生ジベレリンの動態を調べた。その結果、除雄雌蘂ではジベレリン合成機構は機能せず、受粉雌蘂では受粉3日目におけるジベレリン合成は活発であり、果実の成長にともなってGA19からGA20そしてGA1に至る代謝系が促進されることが明らかになった。一方、単為結果した果実においては受粉果実と同じ傾向が認められたが、果実肥大が促進される割にはジベレリン合成・代謝系の機能化は遅れる傾向があった。以上のことから、トマトにおいては受精によるジベレリン合成機能の促進が胚分化と果実形成に大きく関与していることが示唆された。
研究分担生理生態・生殖生理研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030032936
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat