花きの生理的高温ストレス回避物質の検索−高温ストレスとアブシジン代謝との関係(220)明−キク(204)

花きの生理的高温ストレス回避物質の検索−高温ストレスとアブシジン代謝との関係(220)明−キク(204)

課題番号1992001679
研究機関名野菜・茶業試験場(野菜茶試)
研究期間継H02〜H04
年度1992
研究問題生理生態特性の解明とその制御技術の開発
大課題生態反応の解明と制御技術の開発
中課題生態反応要因の解明と制御技術の開発
小課題花きの生理的高温ストレス回避物質の検索−高温ストレスとアブシジン代謝との関係(220)明−キク(204)
摘要高温下において開花遅延の程度を異にする、夏秋ギク型品種及び秋ギク型品種のアブシジン酸濃度を比較、検討した。6月13日挿し穂、6月27日定植、7月15日摘心、8月12日短日処理を開始し、短日処理開始時及び開花時に採取した試料について内生アブシジン酸濃度を測定した結果、短日処理開始時及び開花時ともに、夏秋ギク型品種の方が秋ギク型品種よりも内生アブシジン酸濃度が高い傾向が認められた。しかし、2年度の結果と一致しない部分もあり、更に検討を要する。
研究分担花き・育種研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030032946
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat