暖地における花き類の内生生長調整物質の検索(222)

暖地における花き類の内生生長調整物質の検索(222)

課題番号1992001681
研究機関名野菜・茶業試験場(野菜茶試)
研究期間継S62〜H04
年度1992
研究問題生理生態特性の解明とその制御技術の開発
大課題生態反応の解明と制御技術の開発
中課題生態反応要因の解明と制御技術の開発
小課題暖地における花き類の内生生長調整物質の検索(222)
摘要キク‘秀芳の力’の茎頂部に含まれる内生ジベレリンは,C19水酸化分岐経路及び非水酸化分岐経路のジベレリンA44,A19,A20及びA1またはA4、A24、A25であることが同定または推測された。葉中に含まれる内生ジベレリンは極めて微量で,非水酸化分岐経路にあるジベレリンと推測された。葉中のジベレリン検索において,初期の共存する不純物質の迅速で効果的な除去が可能となり、各生育段階における精製法を確立した。
研究分担久留米・花き研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030032948
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat