ユーチャリスのモザイク症状を引き起こす病原ウイルスの解明(266)

ユーチャリスのモザイク症状を引き起こす病原ウイルスの解明(266)

課題番号1992001723
研究機関名野菜・茶業試験場(野菜茶試)
他機関農研センタ【花田薫】
研究期間継H02〜H04
年度1992
研究問題生産安定化技術の開発
大課題病害虫防除技術の開発
中課題病害の発生生態及び被害機構の解析と主要病害の発生予測技術の開発
小課題ユーチャリスのモザイク症状を引き起こす病原ウイルスの解明(266)
摘要ユ−チャリスのモザイク症状株からChenopodium quinoaで単病斑分離後増殖させ,10科33種の検定植物に接種したが,C. quinoa以外の植物には感染は認められなかった。原宿主であるユ−チャリスの無毒株に本ウイルスを接種した結果,3株のうち2株におよそ2か月後にモザイク症状が現れ,C. quinoa への戻し接種でもウイルスの感染が確認された。免疫電顕法によって,本ウイルスとアマリリスモザイクウイルス及びNerine latent virus 抗血清との反応を調べた結果,両ウイルスとの血清反応は認められなかった。これらの結果から,本ウイルスは未記載のウイルスであることが示唆された。
研究分担環境・病害1研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030032990
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat