食菌性線虫による野菜の土壌病害の防除(288)

食菌性線虫による野菜の土壌病害の防除(288)

課題番号1992001737
研究機関名野菜・茶業試験場(野菜茶試)
研究期間継H02〜H04
年度1992
研究問題生産安定化技術の開発
大課題病害虫防除技術の開発
中課題生物的手法を主体とした病害制御技術の開発
小課題食菌性線虫による野菜の土壌病害の防除(288)
摘要主要な土壌病原菌であるFusarium、Verticillium、Rhizoctonia、Pycium属菌に対するAphelenchus avenaeの加害様式には差異がない。しかし、線虫塊を中心としてこれらの病原菌を円周上に対峠培養するとFusariumにい集することが多い傾向にあった。そこで、このい集現象を解明するために、各濃度のアルコール、乳酸、酢酸ならびに陽イオン溶液をコルクボーラーで打ち抜いた寒天に吸収させるか、水滴で円周状に配置して線虫のい集行動を観察した。その結果、アルコールにい集することが多かった。Fusarium属菌は培養中にアルコールを産生することから今後これらの関係について詳細に検討する必要がある。
研究分担久留米・病害研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030033004
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat