野菜の土壌病害に対する生物的防除法の開発(289)

野菜の土壌病害に対する生物的防除法の開発(289)

課題番号1992001738
研究機関名野菜・茶業試験場(野菜茶試)
研究期間継H03〜H04
年度1992
研究問題生産安定化技術の開発
大課題病害虫防除技術の開発
中課題生物的手法を主体とした病害制御技術の開発
小課題野菜の土壌病害に対する生物的防除法の開発(289)
摘要キャベツ萎黄病に対して、2種類の拮抗微生物入り微生物資材の防除効果をクロルピクリン半量前処理ならびに改良遮根シートとの併用で検討した。重汚染圃場では両資材とも単独処理、半量クロルピクリンとの併用処理でも防除効果は低かった。しかし、改良遮根シートとの併用では優れた防除効果を示した。一方、トマト青枯病に対するトマトの品種間差、接木による防除効果について検討した結果、‘桃太郎’や‘T−39’はクロルピクリン処理圃場でも全株枯死した。しかし、同条件下でも‘瑞栄’は発病が少なかった。また、‘メイト’、‘興津101号’、‘PENT−R’や‘LS−89’台の‘桃太郎’も高い発病株率を示した。これらの台木の自根栽培は発病抑制効果が高かった。
研究分担久留米・病害研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030033005
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat