ウイルス抵抗性野菜の作出(292)

ウイルス抵抗性野菜の作出(292)

課題番号1992001741
研究機関名野菜・茶業試験場(野菜茶試)
他機関生物研【美濃部侑三】
研究期間継H03〜H05
年度1992
研究問題生産安定化技術の開発
大課題病害虫防除技術の開発
中課題生物的手法を主体とした病害制御技術の開発
小課題ウイルス抵抗性野菜の作出(292)
摘要ZYMVゲノム3’末端からポリA鎖を除く1165塩基の配列を決定した。第1翻訳枠に,第1塩基から始まり第954塩基まで続く最も大きいタンパクへの読み枠(ORF)が確認された。ポティウイルスグループに属する他のウイルスのゲノム3’末端コード領域との相同性から,同ORFがZYMVゲノムの翻訳枠の一部であることが明らかになった。また今回塩基配列を決定した領域には,外被タンパクコーデイング領域に加え,ZYMV複製酵素のカルボキシル末端領域も含んでいることが明らかとなった。ZYMVゲノムの別の領域にコードされている制限プロテアーゼによって,Val−Ile−Leu−Gln↓Ser(↓:タンパクの切断点)のアミノ酸配列が認識され,279アミノ酸からなる分子量31256.79・等電点6.8の外被タンパクが,前駆体であるゲノム・ポリプロテインのカルボキシル末端領域から切り出されてくることが明らかとなった。
研究分担環境野菜育種・育種1研育種2研病害1研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030033008
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat