薬剤耐性菌の発生機構と制御技術の開発(293)

薬剤耐性菌の発生機構と制御技術の開発(293)

課題番号1992001742
研究機関名野菜・茶業試験場(野菜茶試)
研究期間継H03〜H05
年度1992
研究問題生産安定化技術の開発
大課題病害虫防除技術の開発
中課題生物的手法を主体とした病害制御技術の開発
小課題薬剤耐性菌の発生機構と制御技術の開発(293)
摘要いちご炭そ病菌(Colletotrichum fragariae)23菌株の培地上における薬剤耐性を調べたところ、ジエトフェンカルブ剤に対し、MIC値10PPM以下の感受性菌11菌株と同1000PPM以上の耐性菌12菌株に分かれた。これら23菌株はイプロジオン、ビンクロゾリン及びプロシミドンの各薬剤に対し、MIC値1000PPM以上の耐性菌であった。次に佐賀県と長崎県で見いされたC.fragariaeとは異なるColletotrichum属菌(C.acutatum及びその類似菌)の培地上での薬剤耐性を調べた結果、調査した43菌株の全てがベノミル剤に対して耐性(MIC値2000〜4000PPM)であり、ジエトフェンカルブ剤に対しても、MIC値が4000PPMの耐性であった。これらの菌はプロピネブ剤に対してはMIC値が250PPM以下がほとんどで、全株が感受性と考えられた。
研究分担久留米・病害研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030033009
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat