アブラムシ類の寄主選択制御因子の解明(296)

アブラムシ類の寄主選択制御因子の解明(296)

課題番号1992001745
研究機関名野菜・茶業試験場(野菜茶試)
研究期間継H01〜H04
年度1992
研究問題生産安定化技術の開発
大課題病害虫防除技術の開発
中課題害虫の発生生態及び被害機構の解析と発生予測技術の開発
小課題アブラムシ類の寄主選択制御因子の解明(296)
摘要ワタアブラムシの寄主選択制御因子を解明するために、ニガウリ、メロン、キュウリの葉の80%メタノ−ル粗抽出物の本害虫に対する摂食阻害活性を比較した。その結果、0.1g/ml(新鮮葉等量/人工飼料)以下の濃度ではニガウリのみに強い摂食阻害活性が認められた。ニガウリ粗抽出物を逆相HPLCで分画したところ、0〜20%と70%メタノ−ル溶出画分に強い活性が認められ、後者のフラクションにトリテルペノイド(配糖体)の呈色反応が見られた。また、モモアカアブラムシに対する野生たばこ(Nicotiana benthamiana)、実用たばこ(N.tabacum)及び両種の体細胞融合雑種の抵抗性を明らかにするために、カップ内でそれぞれの生葉片を与えて産下幼虫を飼育し、生存率及び羽化率を調べたところ、野生たばこでは1.5日、雑種では作出個体により異なるが2.2〜2.7日の平均寿命であり、いずれも羽化しなかった。これらから雑種のモモアカアブラムシに対する抵抗性は野生たばこに近いと言える。
研究分担環境・虫害2研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030033012
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat