昆虫寄生性線虫の野菜害虫防除への利用法(306)

昆虫寄生性線虫の野菜害虫防除への利用法(306)

課題番号1992001753
研究機関名野菜・茶業試験場(野菜茶試)
研究期間継H02〜H04
年度1992
研究問題生産安定化技術の開発
大課題病害虫防除技術の開発
中課題生物的手法を主体とした害虫制御技術の開発
小課題昆虫寄生性線虫の野菜害虫防除への利用法(306)
摘要ハスモンヨトウに対する昆虫寄生性線虫Steinernema carpocapsaeの殺虫効果と線虫散布後の温湿度条件との関係について、鉢植えのナス、イチゴ、ハクサイを用いて調査した。1000頭/mlの線虫を散布した場合の殺虫率は、散布後88〜97%RHの高湿度に保持する時間が長くなるとともに高くなり、25℃と30℃では9時間以上、20℃では12時間以上、15℃では24時間高湿度に保持するとほぼ100%の殺虫率が得られた。線虫の濃度を高くすると殺虫率は高くなり、25℃の場合、3000頭/mlでは6時間、9000頭/mlでは3時間高湿度に保持すると100%の殺虫率が得られた。寄主植物と殺虫効果の関係についてみると、イチゴとハクサイでの殺虫率がナスよりやや高かった。
研究分担久留米・虫害研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030033020
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat