ミナミキイロアザミウマに対する果菜類の抵抗性検定法の開発と抵抗性素材の検索

ミナミキイロアザミウマに対する果菜類の抵抗性検定法の開発と抵抗性素材の検索

課題番号1992001764
研究機関名野菜・茶業試験場(野菜茶試)
研究期間単H03〜H03
年度1992
研究問題生産安定化技術の開発
大課題病害虫防除技術の開発
中課題生物的手法を主体とした害虫制御技術の開発
小課題ミナミキイロアザミウマに対する果菜類の抵抗性検定法の開発と抵抗性素材の検索
摘要ミナミキイロアザミウマに対する各種ウリ科及びナス科植物の抵抗性を明らかにするために、ガラス室内にポット植えの供試植物を置き、本害虫を放飼して葉の被害程度及び寄生数を調査した。ウリ科ではC.aculentus, C.africanus, WA−12, C.agrestisで食害痕指数が低く、特に前3種では寄生数も少なく抵抗性であった。ナス科では、S.viarum, IK−35, S.nigrum,S.sisymbrifoliumで全く被害が認められず、S.nigrumで僅かに本害虫の生息が認められた以外は、いずれも生息数が0で抵抗性を示した。メロンの幼苗検定では、食害痕程度はKaigwaで極めて少なく、次いでCantaloupe de Bellegradeで少なかった。両種は本害虫の寄生数も少なく抵抗性であった。また、メロンの抵抗性系統と感受性系統を交雑したF1では、抵抗性が優性に発現した。さらに、カップ内で生葉片により雌成虫を飼育し、摂食、産卵、幼虫発育の各阻害程度を検定する方法及び生葉抽出物を3%蔗糖液とともに与えて摂食阻害を検定する方法により、各種植物の抵抗性機構を検討した。
研究分担環境久留米野菜育種・育種1研育種2研育種3研虫害2研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030033031
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat