超臨界ガスによる茶の香気成分の抽出(370)

超臨界ガスによる茶の香気成分の抽出(370)

課題番号1992001815
研究機関名野菜・茶業試験場(野菜茶試)
研究期間延H01〜H05
年度1992
研究問題流通・加工技術の開発
大課題茶の新製品及び有用成分利用法の開発
中課題茶の有用成分の新用途開発
小課題超臨界ガスによる茶の香気成分の抽出(370)
摘要炭酸ガスを溶媒とした超臨界抽出法を用いて、茶の香気成分の抽出条件を検討した。抽出温度60℃、流量0.8kg/hrの条件下で、抽出圧力(120〜240気圧)と抽出時間(2〜16hr)を組み合わせて抽出した。抽出前後の官能検査の結果、抽出圧力、抽出時間を増すほど、茶の香気は低下した。しかし、香気成分のGC分析の結果からは、官能検査の結果ほどの差は認められなかった。全香気成分は、4時間まで大きな減少はなく、16時間で20〜40%に減少した。また、圧力の影響はほとんど認められず、更に抽出条件の検討が必要と考えられた。本課題は2年間延長し、引き続き抽出条件の検討を進めるとともに、香気成分の回収方法について検討する。
研究分担茶利用加工・製品開発研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030033082
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat