生産,生活環境施設の計画・設計手法の開発(11)

生産,生活環境施設の計画・設計手法の開発(11)

課題番号1992001832
研究機関名農業工学研究所(農工研)
研究期間継S62〜H04
年度1992
研究問題農村地域開発整備計画手法及び農村環境整備技術の開発
大課題農村地域の総合的開発整備計画手法及び整備技術の開発
中課題集落整備計画手法及び整備技術の開発
小課題生産,生活環境施設の計画・設計手法の開発(11)
摘要3年度は、農産加工施設における全体的な取りまとめを行う中で、加えてそれが地域の共同施設として有効に機能するための条件と留意点の検討を行い以下の知見を得た。有効に機能するための条件及び留意点は大きく■使い勝手の良い施設であること、■スムースな施設運営の出来る施設であること、の2点に集約できよう。前者は、設置目的が明確であること、作業空間が十分に確保されていること、一連の作業が効率よく行える機器が配置されていること等であり、後者は、運営体制が整っていること、またその規定を定めること、さらに加工指導体制が整っておりかつリーダーが存在することなどが挙げられる。なお、4年度は、各種施設の計画単位について検討する。
研究分担農村・集落整備研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030033099
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat