農業用水の循環利用を考慮した地域資源の高度管理技術の開発(62)

農業用水の循環利用を考慮した地域資源の高度管理技術の開発(62)

課題番号1992001885
研究機関名農業工学研究所(農工研)
研究期間継H02〜H05
年度1992
研究問題基幹水利施設の水理設計・制御技術及び水利計画のシステム化技術の開発
大課題水利計画のシステム化技術の開発
中課題広域農業水利システム化のための技術開発
小課題農業用水の循環利用を考慮した地域資源の高度管理技術の開発(62)
摘要広域の農業用水の循環利用では、今まで河川基準点の流量に占める還元水の割合が評価されてきているが、農業用水の用・排水系統が輻輳しているため、これらの還元水の資源としての再利用可能性は評価されていない。3年度は水源が流域外にあり、かつ、新規に補給を行うK地区の農業水利計画の水利用の循環利用をシミュレーションで評価した。この場合には還元水は今までの基準点流量に対して純増となるので、ダム効果として評価できる。研究の結果、代掻き期にピークを持つ農業用水を水利用に考えればダムとして十分な効果があることがわかった。
研究分担水工・水利研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030033152
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat