汎用農地土壌の水分動態に関する研究(123)

汎用農地土壌の水分動態に関する研究(123)

課題番号1992001944
研究機関名農業工学研究所(農工研)
研究期間継S61〜H04
年度1992
研究問題生産性向上のための農用地の整備と水利用技術の開発
大課題高生産性農業のための水利用技術の開発
中課題農用地の水・物質収支の解明
小課題汎用農地土壌の水分動態に関する研究(123)
摘要本研究は圃場の水移動の支配的要因となる亀裂を伝わる水移動特性を把握することを目的としている。3年度は亀裂網を水が伝わる水移動においてダルシー則が成り立つ範囲について検討した。この結果、亀裂の幅が1〜2mmの場合には流束が0.8〜2.0×10−3cm/s以上でダルシー流となるのに対して、亀裂幅が5〜10mmとなると1.5〜2.5×10−3cm/s以上でダルシー流となり、亀裂幅によってダルシー則の成立範囲が異なってくることが明らかになった。4年度は、室内実験により亀裂網を伝わる水の流れ方の理論化を図る。
研究分担農地・水田整備研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030033211
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat