黒潮系水の沿岸域への波及機構(14)

黒潮系水の沿岸域への波及機構(14)

課題番号1992005284
研究機関名南西海区水産研究所(南西水研)
研究期間完H01〜H03
年度1992
研究問題水域特性の総合評価技術の確立
大課題南西外海域における海洋情報収集、解析システムの開発
中課題リモートセンシング技術利用による海洋・生物情報収集手法の開発
小課題黒潮系水の沿岸域への波及機構(14)
摘要本研究は、人工衛星NOAAの画像を解析し、豊後水道、土佐湾、紀伊水道域の表層水塊の分布状況から流れを調べ、各海域への黒潮系水の波及状況を把握することを目的として展開した。画像情報の収集は、南西水研に設置されている人工衛星情報受信解析装置によった。収集の頻度は毎日4〜8回、月に140回程度であるが、上空が雲に覆われている時には海面情報が得られない。海面情報の収得率は、秋から冬に高く、11月、3月にピ−クを示し、11月はいずれの海域でも50%に達し、一方、6〜9月は低く、7月は5%程度であった。各海域への黒潮系水の流入パタ−ンを西方、中央、東方流入型に分類して、その出現状況を判定した結果、各海域とも東方流入型が多かった。
研究分担外海調査・海動態研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030033243
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat