カキ・アカガイなどの好適形質の遺伝変異(1)

カキ・アカガイなどの好適形質の遺伝変異(1)

課題番号1992005580
研究機関名養殖研究所(養殖研)
研究期間継S59〜H05
年度1992
研究問題優良品種の育成と遺伝資源の保存
大課題優良品種の育成
中課題遺伝形質の解析
小課題カキ・アカガイなどの好適形質の遺伝変異(1)
摘要黒真珠養殖母貝クロチョウガイ人工採苗集団の遺伝的変異を天然生息集団(鹿児島県産)と比較するため、電気泳動で検出される18の遺伝子座を調査した。多型を示した11の遺伝子座の45個の対立遺伝子座のうち3個の遺伝子が人工採苗集団で消滅しており、4個の遺伝子の頻度が天然生息集団と有意に異なっていた。異型接合体の割合は天然集団(0.237)より人工採苗集団(0.269)の方が高かったが、これは親貝の数が約50個体と比較的多かったことと関係していると思われ、近親交配の観点から、人工採苗に用いる親の数を考える際の指針となると思われる。両集団の遺伝的距離は0.021で、地方品種レベルであると思われた。引続き第2代以降の集団について調査する。
研究分担遺伝育種・遺伝研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030033305
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat