貝類の生活活動にみられる周期的特性の解明(27)

貝類の生活活動にみられる周期的特性の解明(27)

課題番号1992005601
研究機関名養殖研究所(養殖研)
研究期間継H02〜H04
年度1992
研究問題種苗生産及び養殖技術の高度化
大課題種苗生産技術の向上
中課題発生と初期発育機構の解明
小課題貝類の生活活動にみられる周期的特性の解明(27)
摘要自然環境下で日周期的変動をするムラサキイガイの貝殻開閉運動がなんらかの周期的環境要因を欠く人為的環境下でどのように変わるかを調べた。環境条件として、1)恒暗、潮汐的水圧変化・流況変化なし、2)自然光による明暗変化あり、潮汐的要因なし、3)明暗変化あり、6時間毎の流向逆転、の三型を設定した。その結果はいずれの場合にも1日当りの閉殻の頻度と時間が増し、日周期性も見られなくなり、与えられた環境要因が同調因子としての役割を果たしていないことを示した。このことから、明暗変化は潮汐的要因がなければ活動の日周期性を誘導しえないこと、また潮汐的要因としてムラサキイガイが感受するのは水圧変化ではなく、連続的な流速変化であることが示唆された。
研究分担環境管理・技2研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030033326
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat