養殖魚類の新しい疾病の病理学的特性の解明(74)

養殖魚類の新しい疾病の病理学的特性の解明(74)

課題番号1992005647
研究機関名養殖研究所(養殖研)
研究期間継H03〜H06
年度1992
研究問題病害の予防及び防除技術の開発
大課題水産生物の健康管理技術の確立
中課題病態生理の機構解明
小課題養殖魚類の新しい疾病の病理学的特性の解明(74)
摘要今年度は、養殖ブリの““黄疸症””について、その原因解明を目的として調査研究を行った。三重、長崎および香川県下で採取した““黄疸症””病魚について検討した結果、病魚では腹部、口唇部や眼球周辺の黄化のほか、鰓の著しい褪色、脾臓・肝臓の腫大と脆弱化などの病変が観察された。また、検査したすべての病魚の血液塗抹標本中に、長さが4−5μmの細菌様微生物が観察され、この微生物と““黄疸症””との関連性が強く示唆された。
研究分担病理・病研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030033372
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat