フランス農業の地域格差構造に関する研究

フランス農業の地域格差構造に関する研究

課題番号1992003242
研究機関名農業総合研究所(農総研)
研究期間新H04〜H08
年度1992
研究問題世界の食料・農業問題の展開とその国内農業及び農業政策に与える影響並びに世界の食料の安定供給のあり方の解明
大課題世界の主要地域における食料・農業問題の展開方向の解明
中課題先進国農業の動向と構造の解明
小課題フランス農業の地域格差構造に関する研究
摘要本課題は、フランスのそれぞれの地域における農業構造の特徴を踏まえ、フランス農業の地域格差の構造を明らかにすることを目的とする。消費様式の変化から需要が急減し、構造的過剰に見舞われたブドウの単作地帯で、多数の零細経営をかかえる南フランスを対象とし、南フランス農業の構造分析、及び製品の規格化、生産条件の規定、新規参入の規制などのブドウ生産をめぐる政策、制度の分析、検討を進める。なお、4年度は既存研究、統計資料をもとに南フランスの農業構造を考察し、5年度はブドウ生産関連法規の検討を行う。6年度は生産者等の制度への対応の分析にあて、7年度、8年度は取りまとめを行う。
研究分担海外・市場経済研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030033448
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat