潮汐ダムによる閉鎖性湾内漁場の水質改良

潮汐ダムによる閉鎖性湾内漁場の水質改良

課題番号1992005688
研究機関名水産工学研究所(水工研)
研究期間新H04〜H06
年度1992
研究問題増養殖場・漁場の造成及び保全技術の開発
大課題増養殖・漁場の造成技術の開発
中課題海洋エネルギーの有効利用技術の開発・改良
小課題潮汐ダムによる閉鎖性湾内漁場の水質改良
摘要水深が相対的に深くかつ閉鎖性の湾では、底層水の交換が少なく、夏場には境界層が発達して、底層水が貧酸素化する。この環境を改善するには湾奥底層への外海水の導入が有効であり、その工法の1つとして潮汐ダムが有望であると推定されている。潮汐ダムとは、湾の1部を仕切ってダム(貯水池)とし、潮位差を利用して底層の無酸素状態を改善しようというもので、底層水曝気方式、表層水送入方式等4つの方式が現在提案されている。4年度は、各方式の得失を水槽模型実験により比較検討する。それ以降はDOの数値模型実験を実施し、潮汐ダムの効果の定量化を行う。これにより湾奥まで海水交換が促進され、養殖場の湾奥への拡大、鉛直的拡大が図られる。
研究分担水産土木・開発シス研漁水理研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030033482
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat