中層増殖施設の開発

中層増殖施設の開発

課題番号1992005702
研究機関名水産工学研究所(水工研)
研究期間新H04〜H06
年度1992
研究問題増養殖場・漁場の造成及び保全技術の開発
大課題増養殖場・漁場造成のための施設の開発
中課題浮施設の開発・改良
小課題中層増殖施設の開発
摘要中層増殖施設とは、従来増殖施設として設置してきた底設型コンクリート製の人工魚礁に付帯施設として中層に浮体式の礁体を設置し、海底付近に生息場、海中に餌場を造成することによって増殖効果を増大させようとするものである。研究はフィールド実験を中心とし、実験礁の設置状況、耐久性、生物の蝟集状況(特に海底付近に蝟集したヒラメ稚魚が、中層増殖礁に蝟集したイワシ、アジ等の餌料を利用するか)についての調査を行うこととしている。本年度は、十字礁をアンカーとする中層増殖実験礁を設置し、施設全体の設置状況や海底の変化、及び魚類並びに餌料生物の蝟集状況を調査する。また、設置後一定の経過時間において中層増殖礁を構成する部材を切りとり、波浪や流れによる部材の劣化状況を調査し、耐久性の判断資料の収集も併せて実施する。
研究分担水産土木・漁施研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030033496
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat