生物分解網に関する緊急研究(33)

生物分解網に関する緊急研究(33)

課題番号1992005706
研究機関名水産工学研究所(水工研)
研究期間単H03〜H03
年度1992
研究問題効率・計画的漁労技術の開発
大課題漁具及び漁業用機器の改良・開発
中課題漁具材料の適正使用と新素材の導入
小課題生物分解網に関する緊急研究(33)
摘要現在、合成繊維漁網類の産業廃棄物としての処理問題、ゴ−ストフィッシングによる海洋生物へおよぼす影響などが憂慮されている。そこで、漁網への新素材導入を積極的に図るため、新たに開発されたバクテリアによって完全分解されるポリエステルの一種、生分解性プラスチック(ICI社、バイオポ−ル)を用いて目合115mmの通常の流し網と漁具仕様を同じにした流し網(生分解性網)を試作し、通常の流し網と連結し操業試験を行った。その結果、操業毎の反当り漁獲尾数は、生分解性網が上回っている場合が多く、漁獲性能からみて生分解性プラスチックはアカイカ流し網に応用できることが確認された。
研究分担漁業生産・漁具研(部長)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030033500
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat