魚類の群行動観測用技術の開発(35)

魚類の群行動観測用技術の開発(35)

課題番号1992005709
研究機関名水産工学研究所(水工研)
研究期間継H01〜H04
年度1992
研究問題効率・計画的漁労技術の開発
大課題漁具及び漁業用機器の改良・開発
中課題ハイテク技術を応用した漁業機器の開発
小課題魚類の群行動観測用技術の開発(35)
摘要魚群中の複数尾の個体を同時に追跡するための信号伝達方式の1つとしてM系列信号の送受信実験を行った。5〜7次のM系列信号(周波数80kHz)を送受信するシステムを試作し、水深10m、縦15m、横10mの水槽で受波側の増幅度を変えたり、人工的に雑音を発生したりしてM系列信号の1つについて伝達確度を調べた。確度は受波音圧と背景雑音レベル、受信器内部の比較レベルで決まった。試作器は低い増幅度で正確に信号を送受信できるが、背景雑音レベルが大きくなると誤動作した。M系列の次数が大きくなると同じ雑音レベルでも誤動作が減り、個体識別信号として有用であることが分かった。
研究分担漁業生産・漁法研魚群制御研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030033503
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat