トロール漁法の基礎研究(37)

トロール漁法の基礎研究(37)

課題番号1992005710
研究機関名水産工学研究所(水工研)
研究期間継S63〜H04
年度1992
研究問題効率・計画的漁労技術の開発
大課題適正漁獲技法の開発
中課題効率的漁法技術の開発
小課題トロール漁法の基礎研究(37)
摘要海底環境保護のためにオッターボードに代わる開口装置として袖網に取り付けるキャンバス製カイト(キャンバスのみの構造、キャンバスとフレーム構造の2種類)を考案し、模型実験および実海域における操業試験を行った。模型実験では2種類のカイトともに袖網の開きは良好であった。操業試験では始めの段階ではオッター操業の半分程度の漁獲であったが、調整・改良により最終的に約8割の漁獲が得られるようになった。また、フレーム付きカイトは作業性が悪く、キャンバスのみの構造が今後の開発主体と考えられた。
研究分担漁業生産・漁法研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030033504
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat