操業時のプロペラ作用の解明(67)

操業時のプロペラ作用の解明(67)

課題番号1992005731
研究機関名水産工学研究所(水工研)
研究期間継H03〜H05
年度1992
研究問題高採算性漁船の研究開発
大課題漁船の操業性能の改善
中課題漁船の操業時の運動性能の解明
小課題操業時のプロペラ作用の解明(67)
摘要操業時のプロペラ作用の現象解明の前段階として、小型底曵漁船の流れの可視化と船尾後流の計測を行い、船体まわりの流れ特性を抽出した。これよりトリムの流れへの影響が大きく、船首砕波は拡散・散逸が著しく首飾り渦としてモデル化できる現象になく、トランサのナックル、コーナー、船底スケグで三次元剥離が発生し、これらの検討が重装備型の小型漁船の設計で重要であることを明らかにした。
研究分担漁船工学・船構造研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030033525
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat