海浜変形の数値模型実験(88)

海浜変形の数値模型実験(88)

課題番号1992005749
研究機関名水産工学研究所(水工研)
研究期間継S60〜H04
年度1992
研究問題漁港漁村の安全性,機能性及び快適性の向上
大課題漁港建設技術についての安定的手法の開発・改良
中課題漂砂機構の解明とその対策
小課題海浜変形の数値模型実験(88)
摘要3年度は、海浜変形の主要な要因である漂砂、波浪、流れと地形の関係について、現地観測を主体として検討を行ったが、現地の波浪及び流速の測定結果から数分オーダーの長周期成分のエネルギーレベルが高く、これが海浜変形に重要な役割を果たしていると考えられた。4年度は、これらの成果をふまえ現地観測を継続実施し、この結果を海浜変形モデルに取り入れ、現在行っているHead Landの模型実験に対応した計算を実施し、その再現性についての検証を行う。
研究分担水産土木・港水理研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030033543
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat