パルブアルブミンの発現調節機構の解明

パルブアルブミンの発現調節機構の解明

課題番号1992005140
研究機関名中央水産研究所(中央水研)
研究期間新H03〜H06
年度1992
研究問題水産資源の生物特性の解明
大課題水産生物の生理・生態現象の生化学的解明
中課題水産生物の生物活性物質、生物情報物質とその作用機構の解明
小課題パルブアルブミンの発現調節機構の解明
摘要カルシウムイオン結合性タンパクは筋収縮や情報伝達に重要な働きをしており,魚類には,そのスーパーファミリーに属するパルブアルブミンが多分子種かつ多量に存在する。しかし,その機能,遺伝子構造,および発現調節機構は,ほとんど未解明のままである。3年度はその発現調節機構の解明の一環として,アユゲノムライブラリー作製に必要なゲノムDNAの調製を行った。アユ精巣および血球から,SDS−proteinaseK処理,フェノール抽出,エタノール沈澱を経てゲノムDNAを調製した。得られたDNAは約50kbpであった。BamHIで分解し電気泳動後,アユパルブアルブミンcDNAをプローブとしてサザンブロット解析したところ,約12kbpの断片とハイブリダイズすることが判明した。
研究分担生物機能・分子研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030033600
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat