漁場形成に係わる海況変動の予測(52)

漁場形成に係わる海況変動の予測(52)

課題番号1992005162
研究機関名中央水産研究所(中央水研)
他機関遠水研
研究期間継H01〜H06
年度1992
研究問題水産資源の変動機構の解明
大課題中・長期漁海況予測技術の確立
中課題中・長期海況予測の精度向上
小課題漁場形成に係わる海況変動の予測(52)
摘要3年度は,7月,12月,平成4年3月に,関係都県水試の協力を得て,黒潮と黒潮内側域及び常磐〜鹿島灘の海況予測を行った。黒潮については,昭和64年11月から始まった大蛇行が8月末までに消滅すること,その後,極く小規模の蛇行状態になること,平成4年4月以降N型主体に経過することを予測した。実況は,平成4年3月まではほぼ予測通りに経過した。黒潮内側域については,黒潮の状況を基にして水温の予測を行った。実況は概ね予測通りであった。また常磐〜鹿島灘については,海況パターンの出現を中心にして予測を行った。冬期(2〜3月)に出現することを予測した冷水舌(Oパターン)は出現しなかった.
研究分担海洋生産・変動研(部長)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030033622
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat